千葉で「樹木葬」「永代供養」を行うなら曹洞宗太嶺山高照寺へ!!

納骨といえばお墓という概念は、近年のお葬式事情では変わりつつあります。墓石を必要とせずに行う樹木葬や永代供養を行う人も多く、お墓の形態は様々です。今回は、樹木葬と永代供養についてご紹介します。

樹木葬の基礎知識

南房総市 樹木葬,南房総市 墓地,南房総市 永代供養

樹木葬とは?

樹木葬は自然葬の一つで、墓地として認可された山林墓地にお骨を埋葬します。墓石は作らずに、植林、杭、花木等を墓標にします。やがて自然に土に帰って行くと言う、自然への回帰と言う考え方が人気を集めており、現在は様々な寺院や霊園等で樹木葬は行われています。故人が好きな樹木や花木の元で眠りにつける事、特に宗派や家柄等に関係なく供養する事が可能である事、お墓継承の必要が無い事等も、支持されている理由です。
樹木葬は、個別にお骨を植林の元に埋葬する方法、シンボルツリーの周囲に集めて埋葬する方法等、樹木葬の種類は色々あります。

埋葬方法…

遺骨の埋葬に関しては、「墓地、埋葬に関する法律」と言う法律が国で定められています。なので、埋葬や焼骨の埋蔵と言うのは、墓地以外の区域で行う事は禁止されています。従って、遺骨は自治体から許可された墓地内で埋葬する必要があり、勝手に自宅の庭や近隣の山等へ埋める事はできません。樹木葬は、あくまでもお墓の一種です。法的に許可を得た墓地内の区画に遺骨を埋葬します。お墓の形が石ではなく樹木であるだけなので、自治体への手続きや必要書類等は、通常のお墓埋葬と変わりません。

樹木葬の種類とは?

都市型・公園型
都市型・公園型は、都市の霊園や墓地にあるシンボルツリーの周囲に遺骨を埋葬します。埋葬パターンには、一本の樹木を植えた区画にいくつかの遺骨を埋葬していくタイプ、一人一本の樹木を植えて埋葬するタイプの二種類あります。他にも、一人用、夫婦用、家族用等、選択可能な場合もあります。シンボルツリーには、花が咲く桜、ハナミズキ、山ツツジ、モミジ、ブナ等が人気となっています。
ガーデニング型
ガーデニング型は、最近樹木葬で増えてきているタイプの埋葬方法です。本当の庭のようなお墓の作りになっており、墓域には芝生が茂って花壇があり、四季折々の花々が咲き乱れるお墓になります。今までは、複数の遺骨を一緒に埋葬するケースが多かったのですが、この頃は遺骨を分けて埋葬するケースが増えています。例えば、綺麗なガラスの骨壺が用意されていたり、薔薇や桜等の華やかなお花が植えられていたり、女性に人気の高い樹木葬になっています。
郊外型・里山型
郊外型・里山型は、樹木葬として最初に広まった形で、都市部から離れた山林に遺骨を埋葬します。植樹する緑化を一人一本用意し、その樹木の側に遺骨が埋葬されます。他の遺骨と一緒に埋葬したり、判別できるように埋葬した場所に名入りプレートを配置する人もいたり、埋葬方法の考え方は人それぞれです。

樹木葬の費用相場とは?

樹木葬の費用相場は約50万円程度となっています。一般的な埋葬方法に比べると費用を安く抑える事ができます。石プレートを設置したり、ペットと一緒の埋葬を希望したりすると、追加費用がかかり、埋葬方法によって金額は変わってきます。埋葬費用や埋葬条件等を考慮して、自分に合った埋葬方法を選ぶ事がポイントです。

合祀型樹木葬
合祀型樹木葬は、シンボツリーの下に別の家族と一緒に遺骨を埋葬する方法です。必要なスペースが少なくて済むので、埋葬料金は安く抑える事ができます。
費用目安:約 5万円~20万円
集合型樹木葬
集合型樹木葬は、合祀型と同様に複数の方の遺骨と一緒に埋葬する方法になります。しかし、集合型樹木葬の場合、遺骨を埋葬する場所を区画に分けて埋葬されます。なので、遺骨が他の方の遺骨と一緒になる事がありません。
費用目安:約15万円~60万円
個別型樹木葬
個別型樹木葬は、故人一人一人に樹木を一本ずつ用意し、それぞれに遺骨を埋葬します。個人、夫婦、家族等、世帯単位で埋葬する区画が用意されています。なので、墓石のお墓と同じようにお墓参りする事ができます。
費用目安:約20万円~80万円

永代供養の基礎知識

南房総市 樹木葬,南房総市 墓地,南房総市 永代供養

永代供養とは?

永代供養とは、自分のお墓参りをしてくれる人がいなかったり、お墓参りに行けなかったりする人の代理となって、寺院や霊園が遺骨の管理や供養を行ってくれる埋葬方法です。「永代」と言っても、「未来永劫」の意味ではありません。遺骨の安置期間の期限が定められており、基本は33回忌までとなっています。しかし、特にはっきりとした決まりになっている訳では無いので、寺院や各霊園によっては17回忌、33回忌、50回忌等、長期で管理してくれたり、相談して管理期間を決める事ができたりします。なので、事前に寺院や霊園に問い合わせて確認する事がお勧めです。

埋葬方法…

遺骨の管理をしてくれる供養契約期間が過ぎた場合、遺骨は一体どこへ行くのか疑問ですよね。多くの場合は、合祀されて他の遺骨と共に永代供養墓で供養が行われています。なので、遺骨の行き場を心配する事はありません。しかし、これも決まりでは無いので、遺骨を土に埋葬したり、骨壺に遺骨の一部を入れて残りを土に埋葬したり、埋葬方法にも色々な方法があるので、寺院や霊園で供養契約を行う前にその辺りについても確認しておく事がお勧めです。

永代供養の種類とは?

仏壇型
仏壇型は、昔から納骨堂で行われている形式です。位牌を飾ってお供え物等を捧げる仏壇のスペースが上段にあり、下段にお骨を安置します。仏壇型は家族代々受け継がれていく事が多く、料金も割高になっています。仏壇型には、永代供養をしてくれるものもあり、仏壇のように牌に加えて故人の写真や思い出の品を飾る事もできます。
ロッカー型
ロッカー型は、区分けされた棚に骨壺を入れる形式です。お参りした際に、遺骨を個別に出してもらったり、お参りするスペースの裏側に棚があったり、様々永代供養の方法があります。特に、宗教や宗派に関係無く一緒に供養して管理する事ができる事も特徴の一つとなっています。基本的にロッカー型は、永代供養として利用する方が多いタイプになります。
位牌型
位牌型は、祭壇に位牌を立てて並べて、骨壺を別のスペースに安置する形式です。分骨して小さな骨壺に安置したり合祀したりする場合もあります。位牌型は供養スペースを最小限に抑える事ができるので、費用が高く掛からず経済的である事が最大の特徴です。
自動搬送型
自動搬送型は、専用カードを機械に認識させ、自動的にタッチパネル操作で骨壺がお参りスペースに運ばれて来る形式です。お花やお線香がお参りスペースには用意されている事が多いので、お参りに行く際にも手ぶらでお墓参りが可能です。

永代供養の費用相場とは?

合祀型
合祀型は、亡くなられた他の方と遺骨を一緒に埋葬する形式の永代供養です。埋葬した遺骨は戻す事はできませんが、供養費用が安く経済的である為、費用を掛けずに供養を行いたい人にはお勧めです。
費用の目安:一人あたりが10万円~30万円前後
個別型
個別型は、一般的なお墓に遺骨を埋葬し、その後、三十三回忌等の一定期間を過ぎると合祀される形式の永代供養です。期間に関しては、それぞれの寺院や霊園によって変わってきます。初めから合祀されないので供養費用は高くなりますが、将来的に遺族がお墓参りに通う事を見越して、個別型を選択する人も少なくありません。
費用の目安:30万円~80万円前後